DIYが好きなヴィオラ弾き

まにさんスタジオ

ヴィオラ 弾いてみよう

ヴィオラの肩当て〜付け方の基本〜

近年、初心者でヴィオラをはじめようとすると、肩当てとは切っても切れない関係にん待っていますが、、、

果たして、そもそも必要なのでしょうか???

肩当ては必要なのか?

肩当てとは、ヴィオラを鎖骨に載せる為の補助具です。あくまでも補助具。

まぁでも最初はあった方が楽です。ですが、あくまでも補助具です〜

わかりました〜補助具なんですね!
謎のひよた

僕が肩当てに求めることはただ1つ、ツルツル滑らないという事です。滑ると本当に弾きづらいです。

少し余裕のあるくらいで、合うのが一番!

パッドタイプと、ブリッジタイプ。

ちゅん太
おすすめは、パッドタイプ!

一般的なのはブリッジタイプなのですが、楽器の厚みのあるヴィオラだと、高すぎて楽器を固定したくなる方向に進みがちです。

あくまでも楽器は固定するではなく載せるなので、低く設定がしやすいパッドタイプをおすすめします。ゆとりがうまれます。

どちらのタイプにしろ肩当ては、補助具です。ぴったりしっくり合う必要はありません。ゆとりが必要です。

ちゅん太
どうしても、肩が上がってしまう人。こんな方は、補助輪のような感覚で、使い始めてください。

肩当ての付け方。

ブリッジタイプの付け方。

ちゅん太
肩当てをつけてみよう〜

ブリッジタイプは、ヴィオラの場合だいたい平行くらいに付けるようにした方が安定される方が多いように思います。

そうは言ってもその人の体型に合うのが一番ですので、ご自身の角度を試行錯誤して見てください。

斜めすぎ。

こちらも斜めすぎ。

長さが調整出来ますので、楽器サイズに合った長さでご使用ください。

キツ過ぎると楽器を傷めます。緩いと落ちます。適度な摩擦で止まるように調整して見てください。

パッドタイプの付け方。

ちゅん太
中身が好きなやつに変えれるのですごく便利。愛用しています。

パッドタイプは高さが変えにくかったり、空気を入れたりというのがあるのですが、このパッドは、

袋状になっていて、中を好きな硬さのものに入れ替えれるので、すごくアレンジが効きます。あとスエードなので滑りにくいです。

パッドタイプの肩当て(コルダパット)

よろしければ、動画も一緒にご覧ください。

-ヴィオラ, 弾いてみよう

Copyright© まにさんスタジオ , 2022 All Rights Reserved.